脱毛前の日焼け止めの使用は肌トラブルの原因になるので注意が必要!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

脱毛サロンで脱毛を受ける際には、いくつか気をつけなければいけない事柄があり、特に脱毛前後の日焼けには注意をしなければいけません。

脱毛サロンで主に用いられている光脱毛は、特殊な光を直接肌に当てて黒いメラニンに反応を起こさせることで毛根を刺激し、脱毛を行う仕組みになっています。

万が一、脱毛前に日焼けをしてしまいそのままの状態で脱毛を受けますと、日焼けした黒い肌に光が反応を起こしてしまい、炎症や湿疹、ひどい場合にはやけどを起こしてしまう恐れもあります。

ですから、脱毛を受ける前には日焼けをしないように細心の注意を払わなければいけないのですが、そこで気をつけなければいけないのが、日焼け止めクリームの使用です。

日焼けをしないように気をつけなければいけないのですが、実は脱毛前に日焼け止めクリームを使用するのはNGなんです。

なぜかといいますと、日焼け止めをたくさん塗ってしまいますと毛穴が詰まってしまい、せっかく事前に自己処理をして見えやすくなった毛穴が見えなくなってしまい、脱毛効果が下がってしまうこと、そして日焼け止めクリームを塗ったことで黒い毛が見えなくなってしまい、脱毛自体をすることができなくなってしまうからなのです。

では、日焼け止めクリームがどんなタイプでもダメなのかといいますと、そうではなく毛穴や肌が見えなくなってしまうような白いタイプのものはNGですが、透明なジェルタイプのものであれば使用は可能です。

しかし、日焼け止めクリームの扱いについては各サロンで異なりますから、不安な場合は日焼け止めクリームを使用する前に、サロンに確認をするといいでしょう。

もし、自己判断で日焼け止めクリームを使用して、脱毛を断られてしまっては元も子もありませんからね。

そして、脱毛後も日焼けには気をつけなければいけません。

脱毛後のお肌は光の影響で、血行が促進され熱を帯びとてもデリケートな状態になっていますので、その状態で日焼けをしてしまいますと、更に血行を促進してしまうことになり、やけどなどのトラブルを招きかねません。

ですから、脱毛前には脱毛に適した日焼け止めクリームを使用し、脱毛後は念入りに日焼け対策をするようにしましょう。