ホクロの部分は脱毛出来ないので注意

脱毛範囲であったとしても、サロンのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛ではホクロ部分は脱毛できません。

フラッシュ脱毛も医療レーザー脱毛も色の濃いものに反応する光を当てることでムダ毛にだけダメージを与えることができます。

しかし、ホクロのように黒い肌の部分に施術をすると、ムダ毛と同じくダメージを与えてしまうことになります。

これにより、通常よりも痛みが強くなり、火傷など肌トラブルを起こしてしまうんです。

フラッシュ脱毛も医療レーザー脱毛も出力パワーを下げることは可能です。

しかし、ホクロの為に出力パワーを下げてしまっては全体的に脱毛効果まで下げてしまいます。

これらのことから、脱毛範囲にあるホクロには保護テープなどで隠して施術を行っていきます。

その為、ホクロ毛や保護テープで隠した部分はムダ毛が残ってしまうことになります。

乳輪部分やタトゥー部分もホクロと同様に肌の色が濃くなってしまうので施術できませんのでご注意くださいね。

中には、ホクロやシミを美容外科にて除去してから、脱毛したという人もいます。

また、ホクロが多かったり、ホクロ毛で悩んでいるなら、ニードル脱毛を利用すれば脱毛することが可能ですので諦める必要はありませんよ。

ニードル脱毛は肌の色関係なく脱毛することができます。

1本ごとの料金設定になっているサロンもありますので、気になるホクロ毛もしっかり脱毛できますよ。

ただし、ホクロの種類によっては刺激しない方がいいものもあり、脱毛できない場合もありますので、カウンセリング時に確認しましょう。

サロンによっては、フラッシュ脱毛とニードル脱毛のどちらも選べる所もあります。

まずはフラッシュ脱毛で全体を脱毛してからニードル脱毛できになるホクロ部分のムダ毛も脱毛でき便利ですね。

また、シミもホクロ同様に、施術出きない場合がありますが、色の濃さによっても変わってくるのでカウンセリング時に確認しておきましょうね。