知ってたらもっと早くに手を打ってたこと

「今さら遅い!」と友達には言われそうですが、最近暑い日にはもう半袖を着始めているので、腕のお手入れが若干面倒くさくて脱毛サロンに行きたくなってきたんですよね。

冬の間は「今年も自分でお手入れしてても何とかなるだろう」なんて考えてて、脱毛サロンのキャンペーンとかもスルーしてたんです。

でもその後バイトをするようになって、学校帰りも週3日は帰宅するのが10時近くなったりしてて。

家に帰ると疲れてそのまま眠り込んじゃったりするんですよね。

そんな日がしばらくあると、お肌の方は野放し状態みたいになっちゃって気がつくと腕や足のムダ毛が目立ってあわてたりしてるんで。

こんなことになるんなら冬のうちにサロンに通い始めればよかったな、って後悔し始めてます。

友達の1人は準備が良くて、去年のうちから脱毛し始めてたんですが、まだ終わらないって言ってますね。

「そんなに時間がかかるの?」ってびっくりして、こっそり自分でネットで検索してみると、こういう勉強になるサイトを見つけました。⇒http://4hisglorypd.com/

脱毛に関しての知識が自然と身についちゃいそうなサイトで、これを読んでたらわたしも絶対去年のうちに始めてたに違いないと思ってしまいました。

だから友達の前では決して「脱毛に行きたい」なんて口に出せないので、バイトと学校のすき間時間を狙っていつか行き始めようと秘かに考えてます。

脱毛中に薬を服用する際は注意が必要です。

風邪薬などの薬を服用すると肌が敏感になっており、通常は肌トラブルがでない優しい脱毛でも、過剰に反応してしまうことがあるんです。

また、薬の成分によっては、火傷をしてしまったり、色素沈着を起こしてしまうこともあります。

これらのことから、安全第一に施術を行う為、薬を服用中は脱毛できないサロンがほとんどになります。

薬を服用して2週間は脱毛を断られるケースが多くなりますが、各サロンによって使用する機器や考え方には違いがあります。

脱毛できない期間や服用してはだめな薬の種類は変わってきますし、医師の同意書などがあれば脱毛可能という場合もあります。

逆に風邪薬は市販薬でも服用してはだめという場合もありますので事前に確認しておきましょう。

そもそも薬を飲んでいるということは、体調がいいとは言えませんよね。

体調が悪い時に脱毛することでいつもより痛みが増したり、肌トラブルが起こってしまうこともあるんです。

ネットなどをチェックすると、薬を服用していることをサロンに黙って脱毛したという人もみかけます。

薬を服用して脱毛したからといって100%肌トラブルが出る訳ではありません。

しかし、それでも病気を悪化させてしまったり、脱毛効果が下がったり、肌トラブルが出てしまえば無理して通っても損ですよね。

薬を服用しているのは黙っていれば分からないかもしれませんが、安全に脱毛を進める為にもやめましょう。

まずは、かかりつけの医師に相談した上で、サロンに問い合わせてみましょう。

無理して通うよりも、早めに連絡して予約を変更するのがおすすめですよ。

また、サプリメントでも服用しない方がいいものもあります。

脱毛前のカウンセリングで服用している薬やサプリメントがある場合はしっかり確認しておきましょう。

このように、脱毛中に薬を服用する際は注意し、しっかり確認や早めの予約変更を行っていってくださいね。

ホクロの部分は脱毛出来ないので注意

脱毛範囲であったとしても、サロンのフラッシュ脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛ではホクロ部分は脱毛できません。

フラッシュ脱毛も医療レーザー脱毛も色の濃いものに反応する光を当てることでムダ毛にだけダメージを与えることができます。

しかし、ホクロのように黒い肌の部分に施術をすると、ムダ毛と同じくダメージを与えてしまうことになります。

これにより、通常よりも痛みが強くなり、火傷など肌トラブルを起こしてしまうんです。

フラッシュ脱毛も医療レーザー脱毛も出力パワーを下げることは可能です。

しかし、ホクロの為に出力パワーを下げてしまっては全体的に脱毛効果まで下げてしまいます。

これらのことから、脱毛範囲にあるホクロには保護テープなどで隠して施術を行っていきます。

その為、ホクロ毛や保護テープで隠した部分はムダ毛が残ってしまうことになります。

乳輪部分やタトゥー部分もホクロと同様に肌の色が濃くなってしまうので施術できませんのでご注意くださいね。

中には、ホクロやシミを美容外科にて除去してから、脱毛したという人もいます。

また、ホクロが多かったり、ホクロ毛で悩んでいるなら、ニードル脱毛を利用すれば脱毛することが可能ですので諦める必要はありませんよ。

ニードル脱毛は肌の色関係なく脱毛することができます。

1本ごとの料金設定になっているサロンもありますので、気になるホクロ毛もしっかり脱毛できますよ。

ただし、ホクロの種類によっては刺激しない方がいいものもあり、脱毛できない場合もありますので、カウンセリング時に確認しましょう。

サロンによっては、フラッシュ脱毛とニードル脱毛のどちらも選べる所もあります。

まずはフラッシュ脱毛で全体を脱毛してからニードル脱毛できになるホクロ部分のムダ毛も脱毛でき便利ですね。

また、シミもホクロ同様に、施術出きない場合がありますが、色の濃さによっても変わってくるのでカウンセリング時に確認しておきましょうね。

ほとんどのサロンではデリケートゾーンになるVIO脱毛時は生理中の脱毛はできません。

まず、デリケートゾーンの脱毛時には使い捨てのショーツにはきかえ施術を行っていきます。

施術部位に光を当てていきますので、ショーツをずらしながら行っていきますが、衛生的とは言えません。

なにより、施術を受けている本人が臭いなども気になってしまいますよね。

また、生理中はホルモンバランスが変化することにより、肌がいつもよりも敏感になっています。

生理中は体調が悪くなってしまったり肌が荒れてしまったり吹き出物が出やすい人が多いですよね。

通常なら肌に優しいフラッシュ脱毛ですが、肌が敏感になっている生理中だと、痛みが強くなってしまったり、肌トラブルが出やすくなってしまうんです。

その為、VIOラインだけでなく、どの部位も生理中は脱毛できないサロンもあります。

VIOライン以外なら生理中脱毛できるサロンでも、できるだけ避けておいた方が安心して脱毛できますね。

サロンへは大体2~3ヶ月おきに通いますが、施術後次の予約を取ることが多くなります。

生理日を避けて予約する為に、前もって2~3ヶ月先の生理日の予定も把握しておきましょう。

スケジュール帳で管理したり、生理日予想アプリなどもありますので、便利に利用するといいですね。

とはいっても、必ずしも予定通りに生理日が来るとは限りませんし、生理不順でバラバラで予測しづらいという人もいるでしょう。

予約した日が生理になりそうになったら、サロンに相談し、早めに予約を変更することをおすすめします。

当日変更になるとキャンセル料がかかるサロンもありますので、早めに変更するようにしましょう。

急に施術日に生理になってもキャンセル料が無料やネットで簡単に予約変更できるサロンもありますので、生理不順の人におすすめですよ。

生理日でも施術可能な場合は、普段の生理中の体調をしっかり考えて無理なく進めていきましょうね。

粘膜部分等は脱毛出来ないので注意

全身脱毛を選んだ場合でも、全身全てを脱毛することはできません。

ここではサロンで人気の高いフラッシュ脱毛で施術できない部分を挙げていきましょう。

まず、粘膜部分は脱毛することができません。

Iライン・Oラインなどのデリケートゾーンや鼻の穴などの粘膜部分は通常の肌よりも敏感ですし、肌の色も濃くなってしまうことで肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

また、眼の周りも肌が薄く敏感な部位になりますし、光が入ると危険なことから脱毛することができません。

あまりムダ毛が生えていることはありませんが、甲状腺がある首の前面も施術できないサロンがほとんどになります。

あとは、色素が濃い部分にはフラッシュ脱毛は利用できません。

フラッシュ脱毛は濃い色素に反応する光を当てることで黒いムダ毛にダメージを与えることができます。

しかし、肌の色素が濃くなってしまうと、濃い部分にダメージを与え、火傷などを起こしてしまうんです。

色素が濃い部分とは、ホクロ・シミ・あざ・日焼けした肌・乳輪・タトゥー部分などになります。

保護テープなどで避けて施術することは可能ですが、その部分のムダ毛は残念ながら残ってしまいます。

特にタトゥー部分は大きめに保護テープを貼って施術することもありますので、カウンセリングで脱毛できる範囲を確認しておきましょう。

しかし、ニードル脱毛なら肌の色関係なく脱毛できるので施術可能なので、諦めないでくださいね。

もちろん、同じフラッシュ脱毛でも各サロン使用している脱毛機器の性能や考え方は変わってきます。

トラブルなどを避ける為やより安全性を考えた上で、脱毛できない部分が多いサロンもあります。

特に顔部分は鼻下脱毛のみというサロンもあれば、眼の周りを避けた顔全体を脱毛できる所など大きく変わってきます。

その為、全身脱毛コースといっても、各サロンごとに範囲は大きく変わってくることもあるので、しっかり脱毛範囲を確かめておきましょう。

サロンで脱毛するなら回数無制限コースを選んでおくのがおすすめです。

脱毛は通えばどんどんムダ毛がなくなっていきます。

しかし、通う回数は人それぞれによって変わってきます。

フラッシュ脱毛は出力を調節することができ、ムダ毛や肌の質に合わせて火傷など起こさないように一人一人設定を変えて施術していきます。

その為、ただムダ毛が濃いだけでなく、逆に産毛の方が抜けにくい場合もありますし、肌が弱いと出力も下げなければならなくなり回数が変わってしまうこともあります。

また、どれぐらいまで脱毛したいかも人それぞれ変わってきますからね。

同じ人でも部位によってムダ毛も肌質も変わってしまうので、部位ごとにも回数が分かってきます。

たくさんの女性を脱毛してきたスタッフが事前にカウンセリングを行い、脱毛にかかる回数を予測することはできます。

しかし、必ずしもその予測した通りで脱毛が完了するとは限りません。

その為、6回コースが安いからと申し込んだが、追加しなければならなくなり、他のサロンの方が安く済んだという失敗談もあるんです。

また、必ずしも1度脱毛したムダ毛が生えてこないとは限らないんです。

脱毛できても、ホルモンバランスなどが変化してしまい、また生えてきたということもありえるんです。

これらのことから、回数無制限のコースを選んでおくと安心なんです。

通常のコースと比べて回数無制限コースは高く感じるかもしれませんが、脱毛回数が増えれば増える分、コスパは高くお得になります。

特にツルツルの完璧肌に仕上げたいと思っている人は、回数無制限のコースを選んでおきましょう。

回数無制限コースといっても、各サロンごとに細かい詳細は異なりますので、しっかり内容まで確認しておきましょう。

中には回数無制限コースがキャンペーンで安くなっているサロンもありますので見逃さないようにしましょう。

キャンペーンはより安くなっており、損はありませんので、見つけたらすぐに申し込みましょうね。